■Muteppos(ムテッポーズ)の起源は,2001年冬にまで遡る。
海運リーグを目指してK-Lineメンバーとして練習していたオーバー40有志のラグビーへの思いが原型である。

■2002年早春,海運リーグが終了した後の宴席で「シーズンが終わっても,オーバー40でラグビーしたいね」とMuteppos創部への機運が盛り上がった。
その時のメンバーは,島雄節彦,下田純,浜田彰大,村上雅彦の4名だった。

■ガマクラブに所属していた村上雅彦が「K-Lineだけだと数も揃わないし,ガマにも呼びかけて,オーバー40のチームを作りましょう」と発案し,村上雅彦と浜田彰大が,ガマクラブ監督・池野建彦を表敬訪問し,Muteppos創部の構想を固めた。

■以上の経緯を踏まえて,不惑ラグビーチーム Mutepposはできた。
ガマクラブを長年にわたって率いてきた池野建彦が総監督となり,K-Lineラグビー部監督の島雄節彦がコミッショナーに就任した。

■Mutepposとしての第1回練習は,2002年4月6日に行なわれた。
また,記念すべき第1回試合は,2002年4月28日にフィーバーズと行なわれた。

■2013年,Mutepposは12回目のシーズンを迎える。

[ Top ] / [ Back ]